「若手芸術家支援基金」設置およびクラウドファンディングの開始について

最終更新: 7月7日

東京藝術大学は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、芸術活動に影響を受けている本学出身の若手芸術家に対して、芸術活動の持続化を支援するための「新型コロナウイルス感染症緊急対策 東京藝術大学 若手芸術家支援基金」を設置し、若手芸術家支援のためのプロジェクトを2020年6月9日より開始しました。


社会にとって、世界にとって、芸術の力を未来へと繋ぐ希有な存在である若手芸術家たちの、今を救うこと、未来のカタチを模索すること、その二つがこの基金の使命です。 本基金の推進や各プロジェクトの実施については、卒業生・修了生、在校生、保護者、教職員、 同窓会、本学との関連企業など“オール藝大”で進めてまいります。


各プロジェクトの実施については、東京藝術大学の自己財源に加えて、一般企業からの協賛金や東京藝術大学基金への寄附のほか、READYFORでのクラウドファンディングで集まった支援金を原資として活動を行います。(藝大HPより)

■基金キャンペーン期間 2020年6月9日~2022年3月末日 ■クラウドファンディングプロジェクトページ  >> https://readyfor.jp/projects/power_to_the_arts (クラウドファンディングサービス「READYFOR」内で寄附金募集中)  実施期間 2020年6月9日~7月31日23時

報道資料はこちら

https://www.geidai.ac.jp/…/u…/2020/06/HP_release20200609.pdf



40回の閲覧

© 2016-2020 PERFORMING ARTS CENTER

  • さえずり
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • YouTubeの
  • アカンサスマーク_edited