ピアノシリーズ2020 音楽の至宝 Vol.8

最終更新: 1月26日





世界70億の人々の内、いわゆるクラシック音楽が好きな人は何人くらいいるか見当も付きませんが、一番好きな作曲家は誰か、とアンケートを取れば間違い無くベートーヴェンの名前が首位に挙がる事でしょう。ベートーヴェンの音楽は あらゆる境遇、人種の人に生きるパワーを与え、また彼自身も「苦しみを乗り越え歓喜に至れ」と、それを音楽を通して伝える事を使命としていました。 今回のシリーズでは創作の中核を成したシンフォニーを第1日で4手連弾により、またヴァイオリン、チェロ、ピアノそれぞれの最後のソナタと、あの「第九」をリスト編2台ピアノでお楽しみいただきます。ベートーヴェンイヤーに於けるピアノ科の作曲者への敬愛を感じていただければ幸甚です。ぜひお運び下さいますようお願い致します。


                       青柳 晋(東京藝術大学音楽学部教授)






※新型コロナウイルス感染予防対策に伴い、公演の開催・内容・出演者などは予告なく変更となる場合がございます。最新の情報を藝大ホームページでご確認ください。公演に際しては出演者・スタッフの体調管理、入場者数の制限や換気など必要な感染対策を取り実施いたしますが、ご来場のお客様にも「体調管理・手指消毒・マスク着用」など、感染対策へのご協力をお願いしております。なお「37.5度以上の発熱、咳・呼吸困難、全身の倦怠感その他体調に不安のある方」「新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方」、「マスクを着用されない方」その他主催者の判断により入場をお断りいたします(感染対策の詳細は藝大のホームページ、会場掲示または当日配布のご案内などをご参照ください)。


138回の閲覧0件のコメント