藝大21 第14回「奏楽堂企画学内公募」最優秀企画「多師彩々~師範科は,生きている~」

最終更新: 4月1日




2021年3月30日(火)18:30開演(17:45開場)

会場:東京藝術大学奏楽堂(大学構内)

入場無料(全席指定)

※はがきによる事前申し込み制 2月26日(金)必着

https://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/97389.html



藝大21 第14回「奏楽堂企画学内公募」最優秀企画 藝大フレンズ賛助金助成事業

「多師彩々~師範科は,生きている~」


 その昔、東京藝術大学がまだ東京音楽学校 だったころ、音楽家を育成する「本科」と音楽教師を育成する「師範科」に分かれていました。師範科生は、卒業後に全国にちらばって教育現場で子供たちの心に音楽教育の種をまき、郷土の誇りとして地元に 愛されながらその地に残り生きた者もあれば、その後母校に戻って後進を育てることに心血を注いだ者もいました。  そんな師範科卒業生たちの胸の中に確かにあった音楽世界と熱い思い、そしてあふれる才能を、今回発掘した貴重な資料 から現代に蘇えらせます。



【曲目】

◆村田ミイ『星の現想』~『黎明』 ※初演

◆下總皖一、南能衛、中田章、吉田信太『唱歌メドレー』

 (五十音の歌~村祭~早春賦~鉄道唱歌)

◆北村季晴『御伽歌劇ドンブラコ(』桃太郎)

◆下總皖一『オーケストラのためのヴァリエーション』

◆成田為三『二つのローマンス(』青い帆・湖底の薔薇)


【編曲】

山下真実

【出演】

寺島弘城(桃太郎) 鈴木美郷(雉子山拳藏/婆) 外崎広弥(眞白野猿野助/爺) 牧山亮 (犬野腕三郎)

指揮:神成大輝


コンサートマスター:大光嘉理人


<ヴァイオリン> 

清水健太郎 城野聖良 杉山和駿 森澤麻里江 森麻祐子 山本佳輝 吉田薫子  吉本萌慧 菊川穂乃佳 北澤華蓮 重松彩乃 下野園ひな子 辻純佳 二上りか子 水谷有里


<ヴィオラ> 

栗林衣李 新井瑞穂 江藤史織 衛藤理子 髙梨瑞紀 三国レイチェル由依


<チェロ> 

高木優帆 石井奏 永田歌歩 藤森洸一


<コントラバス> 

河村美蘭 陳子沛 長坂美玖


<フルート> 泉野有香 齋藤華香


<オーボエ> 笹平幸那 松本純奈


<クラリネット> 林みのり 久保田智巳


<ファゴット> 渡邊眞理愛 大賀萌永



<ホルン> 関澤麻衣 齋藤みゆき 市川航平 西川優弥


<トランペット> 赤羽穂乃花 小田島史


<トロンボーン> 泉谷公洋 笠間勇登 廣瀬真琴


<打楽器>  麻生弥絵 岡田満里子


<ピアノ> 前田奈央


<オルガン> 佐藤初音 千田寧子


<箏> 衣笠詠子


<長唄三味線> 味見優


<囃子> 小川実加子 恩田和実 本山愛


<笛> 迎田優香


<語り> 西垣秀彦

※演目 、出演者は都合により変更する場合がございます。ご了承ください。


285回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示