top of page

東京藝術大学 うたシリーズ 2022「日本をうたう」



2022年11月3日(木・祝) 15:00開演(14:15開場)

東京藝術大学奏楽堂(大学構内)


♦9/21(水)~販売開始

全席指定 2,000円 当日券の販売はありません。

※就学前のお子様の同伴・入場はできませんのでご了承ください。



東京藝術大学 うたシリーズ 2022 日本をうたう 深まる秋、豊穣なる日本の歌をきく  2019年以来の開催となります今年の「うたシリーズ」は、日本歌曲の傑作選をお贈りいたします。  この2年間、声楽に限らず、音楽を志し、極めようとしてきた者達にとっては辛抱や忍耐の日々でした。沢山の演奏会が中止になり、延期という名の もとに自重し、また多くの犠牲を払いました。  そして、声楽は未だに心置きなく演奏をすることが躊躇われている状況です。それでも細心の注意を払い、漸く演奏に漕ぎつけて今日に至っています。  秋深まる午後のひととき、東京藝術大学奏楽堂にて皆さまと共に日本歌曲の真髄を存分に楽しむこの日を、心待ちにしております。是非ご来場いただ ければ幸いです。                                               福島 明也(東京藝術大学音楽学部声楽科教授)

▊曲目 越谷 達之助(1909~1982):  《やわらかに柳あおめる》  《初恋》 團 伊玖磨(1924~2001):  《三つの小唄》    I.〈春の鳥〉II.〈石竹(せきちく)〉III.〈彼岸花〉  《わがうた》より    III.〈ひぐらし〉IV.〈追悼歌〉V.〈紫陽花〉 中田 喜直(1923~2000):  《木兎(みみずく)》  《甃(いし)の上》  《春》  《歌をください》  《悲しくなったときは》 畑中 良輔(1922~2012):  低声のための《三つの抒情歌》    I.〈採花〉II.〈海浜独唱〉III.〈花林(まるめろ)〉 三善 晃(1933~2013):  《カニの帰郷》  《あなたにサタンがいるなんて》  《五柳五酒》より〈朗読〉・Ⅰ・Ⅳ・Ⅴ 山田 耕筰(1886〜1965):  《鐘が鳴ります》  《からたちの花》  《この道》  《みぞれに寄する愛の歌》  《愛と祈り》 ▊出演者 佐々木 典子(ソプラノ) Noriko Sasaki (Soprano) 武蔵野音楽大学卒業。ザルツブルグ・モーツァルテウム芸術大学オペラ科首席卒業、オーストリア文部科学省より表彰される。ウイーン国立歌劇場の 専属ソリストをつとめる。熊本市女性賞、ホテルオークラ音楽賞、東燃ゼネラル音楽賞本賞受賞。 東京藝術大学教授。 菅 英三子(ソプラノ) Emiko Suga (Soprano) 京都市立芸術大学を卒業後、ウィーン国立音楽大学に留学、ディプロムを取得して首席で修了。オーストリア共和国学術褒賞、出光音楽賞、青山音楽 賞、新日鉄音楽賞、文化庁芸術祭新人賞、宮城県芸術選奨、宮城県教育文化功労者表彰などを受賞。 東京藝術大学教授。 手嶋 眞佐子(メゾソプラノ) Masako Teshima (Mezzo-soprano) 東京藝術大学卒業、同大学院修了。松田トシ賞受賞。プラシド・ドミンゴ世界オペラ・コンテスト優勝。文化庁オペラ研修所修了。文化庁派遣芸術 家在外研修員としてニューヨークに留学。国内外のさまざまなオペラに出演、主要オーケストラと共演。 東京藝術大学准教授。 永井 和子(メゾソプラノ) Kazuko Nagai (Mezzo-soprano) 国立音楽大学声楽科卒業、同大学院修了。二期会オペラ・スタジオ、文化庁オペラ研修所修了。文部科学省在外派遣員として、ジュネーヴで研修。 民音コンクール第1位、グローバル東敦子賞、ジロー・オペラ賞、村松賞等を受賞。 新国立劇場オペラ研修所長、東京藝術大学教授。 中島 郁子(メゾソプラノ) Ikuko Nakajima (Mezzo-soprano) 東京藝術大学卒業、同大学院修了。安宅賞、松田トシ賞を受賞。文化庁海外派遣研修員として渡伊。第56回ヴィオッティ国際音楽コンクール第3位等、 国内外で入賞。東京二期会や新国立劇場等のオペラ、国内の主要オーケストラとの共演で活躍。 東京藝術大学准教授。 櫻田 亮(テノール) Makoto Sakurada (Tenor) 東京藝術大学卒業、同大学院修了。バロックから古典派の作品をレパートリーに国際的にも高い評価を得ており、欧州では、J.サヴァールほか 著名な指揮者と、国内でもN響をはじめ、読売日響、BCJなどの団体と共演多数。 東京藝術大学教授。 吉田 浩之(テノール) Hiroyuki Yoshida (Tenor) 国立音楽大学卒業、東京藝術大学大学院修了。二期会オペラ研修所修了。モーツァルト没後200年記念国際モーツァルト声楽コンコルソ本選入賞、 ウィーン国立歌劇場でウィーン・フィルと共演。文化庁派遣芸術家在外研修員としてローマに留学。ジロー・オペラ賞新人賞受賞。 東京藝術大学教授。 甲斐 栄次郎(バリトン) Eijiro Kai (Baritone) 2003年ウィーン国立歌劇場にデビューし、10年間にわたり専属ソリストとして活躍、42役で336公演に出演。第九、ドイツ・レクイエム、エリア 等、コンサートソリストとしてもオーケストラ、指揮者より絶大な信頼を得る。著書“ライカで綴る古都ウィーン”(アートデイズ刊)。 東京藝術大学教授。 萩原 潤(バリトン) Jun Hagiwara (Baritone) 東京藝術大学卒業、同大学院修了。二期会オペラ研修所修了時に優秀賞。五島記念文化財団オペラ新人賞受賞。文化庁派遣芸術家在外研修員、 五島記念文化財団奨学金を得てベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学大学院を最優秀で修了。ヨーロッパ各地で活躍。 東京藝術大学准教授。 福島 明也(バリトン) Akiya Fukushima (Baritone) 東京藝術大学卒業、同大学院修了。文化庁オペラ研修所修了。日本音楽コンクール第1位。海外派遣コンクール特別表彰。文化庁派遣芸術家 在外研修員としてミラノに留学。コルソ・ディ・カント第1位受賞。ジロー・オペラ新人賞、大賞受賞。新国立劇場開場記念公演主演。 東京藝術大学教授。 大貫 瑞季(ピアノ) Mizuki Ohnuki (Piano) 木邨 清華(ピアノ) Sayaka Kimura (Piano) 千葉 かほる(ピアノ) Kaoru Chiba (Piano) 森 裕子(ピアノ) Yuko Mori (Piano) ※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

https://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/116579.html

閲覧数:113回
bottom of page